申請の流れ

補助金あらましのご説明

公募要領に従い補助金申請のあらましについてご説明いたします。
併せて、登記簿謄本の入手などご依頼者様にお願いすることをお伝えさせていただきます

記述骨子の調整

「当事務所独自のひな形」に沿い各アイテムに載せるキーワードを相互で確認し合います。
・・・当事務所では良きファシリテーターに徹します。この作業を2回ほど実施します。

粗書き➤各章題記事の完成

記述骨子を基に当事務所にて粗書きします。記述の流れ(ストーリー)を確認し合ったうえで、
虫食いの部分の情報をご依頼者様から入手し、徐々に仕上げていきます。
この作業をメール等で遣り取りし3回ほど打ち合わせを行います

売上高・利益計画の策定

売上高を製品群あるいは顧客ごとにアクションプランを共有したうえで煮詰め、固定費・変動費に分解し費用を算定し経常利益を求めます。
資金繰りから逆算した必要経常利益と噛み合うことを検証します。

申請書の製本

公募要領に従い提出資料を製本し発送します。
ここで不備があると書類が審査に回りません。
ご依頼者様と慎重に行います。

 

〜ここからは、めでたく『採択』になった方への支援サービスです。〜

交付申請書の作成

採択になったら仕切り直しで再度事業計画書を提出します。
これが交付申請です。申請段階からの変化点などを鑑み交付申請書の作成をサポートいたします。
1回でパスすることは稀であり、事務局からの修正依頼に適宜応じます。

中間報告書の作成、未遂行事項のスケジュール調整

中間報告書の作成をサポートいたします。
あわせて、未遂行事項のスケジュール調整をいたします。
1回でパスすることは稀であり、事務局からの修正依頼に適宜応じます。

補助事業実績報告書の作成

補助事業実績報告書の作成をサポートいたします。
1回でパスすることは稀であり、事務局からの修正依頼に適宜応じます。