メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「第1回公募の採択率をどう読みとるか」

みんさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

2021年6月18日(金)に第1回公募の採択発表がありました。

総論としては、申請件数:22,231件、採択件数:8,016件 採択率36%でした。
おおかた、類似補助金の過去の採択率から8~9割の採択率と予想されていたようです。

決して、経済産業省や中小企業庁からの何らかの誘因が働いたようには思えません。
なぜなら、予算消化額が2,200億円であり、ちょうど総予算1兆1千億円の1/5です。

つまり、予算均等消化のところから、8,016件の採択件数となり、申請件数が
22,231件と予想外に多かったので採択率が36%となったようです。

ここから垣間見えることが3つあります。

1つ目は、   

予実比較をすると採択件数が予算より5,384件少なく、1件あたりの
補助金額が予算よりも11百万円高い、ということです

あまり自信はありませんが、要因としては、

申請者の層で中小企業の中でも規模の大きい
事業企画力に長けた申請者が、用意周到に事業再構築補助金第1回公募
に臨まれ、申請金額の高い案件が多く採択されたことにあるでしょう

2つ目は、   

最上部の表の A-Bの「要件を満たさなかった申請件数」が2,992件(13%)もあったことです。

この「書類不備等」については コチラ 公開されていますのでご参照ください。

3つ目は、   

・建物改修や新設が補助対象経費に含まれる他に類のない補助金である
・通常枠で最大6千万円の補助金額、採択率は2/3、類似のものづくり補助金より
 はるかに使い勝手が良い

このような利便性から、この機会に事業再構築補助金に応募しよう、といった誘因が働いたのでしょう

いずれにしても、大局的には、
みなさんの会社より大きく体制が整った申請者と戦って上位3割に入る事業計画書を作らなければ
このコンペには勝てない、ということです。

ただし、前向きに・真に「事業再構築」を遂行される方にとっては「狭き門」でも何でもありません

ここはポジティブに臨みましょう

CATEGORIES

実直な提言

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

事業再構築補助金採択の決め手は事業計画書に再構築の契機と取組方法を理路整然と記述することです。このような事業計画書をみなさんが機械的に作れるオンライン講座・教材を33,000円で提供しています