メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「文章を書くのが苦手な方へ!」

みなさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

9月2日(木)に、「第2回公募」の採択者の発表がありました。
 
事業再構築補助金 採択率左表の採択率は、申請要件を満たした審査対象者数分母にして計算しています。したがって、要件を満たさない申請書に不備のあった方を除いてます。
赤い背景色の全類型合計の採択率は51%で第1回公募よりだいぶ上がりました。
意外なことに、第1回に比べ、応募件数、審査対象者数が減少しています。
また、採択件数が1,000件以上増加したことも採択率を引き上げた要因と言えます。

特別枠の採択率は77%とかなり高かったのに対し、青い背景色の通常枠他(含む特別枠での不採択者)
の採択率は38%と全体の中では厳しめでした。

いずれにしても、第1回の状況より「採択」される難易度が緩和されたとはいえ
上位3~4割に入れる精度の事業計画書を作らないといけないことに相違ありません。

「願望」と「ビジョンを描く」だけでは通用しません。
しっかりと、新事業について調査と研鑽を重ね用意周到に臨んでください!

今回のお話は「文章を書くのが苦手な方へ!」といったことです。

左が事業再構築補助金の申請をみなさんと一緒に
遂行いていく「認定支援機関」の分布を示したものです。
(第2回公募のデータですが、大方、毎度同様です)

見ていただければお分かりの通り、金融機関と
商工会/商工会議所が過半を占めています。

そして、金融機関と商工会/商工会議所は、原則、
『無償』で支援をしています。
 
 
無償奉仕だけあって、さすがに、これらの方は、事業計画書の代筆まではしてくれません。

つまり、金融機関や商工会/商工会議所に認定新機関になってもらうかたは、
自分自身で事業計画書を書き上げなければないりません。

でも、文章作りが得意、と言われる方は正直少ないですよね!

私なりに分析すると、以下のようなことで ””文章作りが苦手だ”” と思い込まれているようです。
 

 
簡単な伝言メモ程度の文章だったら苦手と思う人はいないでしょう。

せも、事業再構築補助金の事業計画書だと、A4サイズ15枚で、だいたい15,000字ぐらいになります。

だったら、伝言メモをたくさん作る、こう考えることにしましょう。

書いている途中で適当な単語が思い浮かばずとん挫

 
これはありがちなことですね。わたしも、同様のことを何度も経験しています。

そのたびに、そこを空欄にして先に進むか、あるいは、適当ではないけれども
それに近い言葉の「同意」語をインターネットで調べたりしています。

間を空けることが得策かもしれません

書いている文章が正しいのか不安になってしまう

 
文脈が支離滅裂とういのは気を付けなければいけませんが、
文章に正しい、正しくないい、ということはありませんので
あまり気にする必要はないと思います。

文脈が支離滅裂・・これを回避させるためには、書き終わったら声を出して読んでみることです。
おかしければ、これをすることで検証できます。

書いている時間より無駄に過ごす時間のほうが長い

 
個々が、一番問題のようです。
””無駄に過ごす”” とは、何を書こうとしているのか事前に練っていないから、
1から考えることになり、無駄に過ごす時間が長くなってしまうのです。

焦らずに、事前に書こうとする内容は整理しておかないとこうなってしまいますね
整理とは、「キーワード」を書き出しておく、わたしはこれを励行しています。

そもそも、A4サイズ15枚もの資料を作るのであれば、事前に「あらすじ(骨子)」
を作っておかないと、一気通貫で理路整然とした事業計画書は作れないはずです。

けっこう、ヨウイドンで書き始めてしまう方がおられますが、必ず「あらすじ(骨子)」
を作ってから、事業計画書を書き始めましょう!

これをしておかないと、何度も「やり直し作業」が発生してしまいます。

CATEGORIES

実直な提言

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

たった、33,000円の事業再構築補助金e-ラーニングの受講で採択確度の高い事業計画書が作れる優れもの。新分野展開、業態転換等4類型のテンプレートに沿った解説動画、更に3回の個別相談で、採択の要所を伝授