メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「事業再構築補助金ー突破力無料診断のご活用!」

みなさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

9月2日(木)に、「第2回公募」の採択者の発表がありました。
 
事業再構築補助金 採択率左表の採択率は、申請要件を満たした審査対象者数分母にして計算しています。したがって、要件を満たさない申請書に不備のあった方を除いてます。
赤い背景色の全類型合計の採択率は51%で第1回公募よりだいぶ上がりました。
意外なことに、第1回に比べ、応募件数、審査対象者数が減少しています。
また、採択件数が1,000件以上増加したことも採択率を引き上げた要因と言えます。

特別枠の採択率は77%とかなり高かったのに対し、青い背景色の通常枠他(含む特別枠での不採択者)
の採択率は38%と全体の中では厳しめでした。

いずれにしても、第1回の状況より「採択」される難易度が緩和されたとはいえ
上位3~4割に入れる精度の事業計画書を作らないといけないことに相違ありません。

「願望」と「ビジョンを描く」だけでは通用しません。
しっかりと、新事業について調査と研鑽を重ね用意周到に臨んでください!

事業再構築補助金は、国の補助金の中では仕組み的に一番ややっこしいものです。

つまり、申請するからにはいろいろと押さえておくべきことがたくさんあります。

認定支援機関に ”おんぶにだっこ” は危険です。

みなさんのお力で突破していきましょう

そのための「事業再構築補助金『突破力』無料診断」ですので、
間髪入れずにやってみてください!


 
 


新事業・新業態が現事業より期待が持てるし、その市場データが揃っている新事業・新業態が現事業より期待が持てるが、客観的情報が揃わない新事業・新業態が新たなビジネスモデルであり競争は緩やか新事業への参入は容易だが、競合先が多数新事業は競合先が多いが、伸び率が高そうなのでやっていけそう


製造・提供プロセスについて他社と差別化できるノウハウを構築している現在、自社の特長が出せる製造・提供プロセスを考案中である新事業・新業態が異質のものであり、補助事業期間に製造・提供プロセスを構築する新事業・新業態参入に際し競合先の調査を十分に実施している新事業・新業態参入に際し競合先の調査をしたいが具体的な情報が探せない


公募要領・事業再構築指針のポイントを押さえているので書き方を理解している事業再構築指針は押さえられたが、公募要領はどこを押さえて良いのかわからないまだ公募要領を良く読んでいないITに弱いので電子申請ができそうにない認定支援機関や専門家に任せているので大丈夫


過去に収益計画を作ったことがあるので大丈夫費用は根拠立てて算出できるが、説得力のある売上計画の示し方がわからない売上計画を算定するのにどのような情報をどのようにとれば良いのかわからないそもそも算定根拠はどこまで具体的に示せばよいのかわからない収益計画なんて作ったことが無いしわたしには無理


金融機関商工会・商工会議所税理士行政書士・中小企業診断士その他


認定支援機関確認書の発行のみ ①に加え事業計画書作成の助言 ①に加え事業計画書の共作 ①に加え事業計画書の作成代行 ①に加え事業計画書の作成代行および電子申請の代理入力


100~500万円501~1,500万円1,501~3,000万円3,001~4,500万円4,501万円以上


ここ2年間経常利益継続であり資産超過資産超過であるが直近期の決算では経常損失を計上債務超過であるがここ1・2年は経常利益を確保直近期の決算で赤字を計上し資産超過から債務超過になってしまった過去2年間経常損失を計上し、かつ、債務超過の状態


補助金を申請するために、診断結果と個別相談も希望する個別相談は不要。診断結果のみ送ってほしい

CATEGORIES

実直な提言

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

たった、33,000円の事業再構築補助金e-ラーニングの受講で採択確度の高い事業計画書が作れる優れもの。新分野展開、業態転換等4類型のテンプレートに沿った解説動画、更に3回の個別相談で、採択の要所を伝授