メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「ものづくり補助金と比べてみる」

みなさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

9月2日(木)に、「第2回公募」の採択者の発表がありました。
 
事業再構築補助金 採択率左表の採択率は、申請要件を満たした審査対象者数分母にして計算しています。したがって、要件を満たさない申請書に不備のあった方を除いてます。
赤い背景色の全類型合計の採択率は51%で第1回公募よりだいぶ上がりました。
意外なことに、第1回に比べ、応募件数、審査対象者数が減少しています。
また、採択件数が1,000件以上増加したことも採択率を引き上げた要因と言えます。

特別枠の採択率は77%とかなり高かったのに対し、青い背景色の通常枠他(含む特別枠での不採択者)
の採択率は38%と全体の中では厳しめでした。

いずれにしても、第1回の状況より「採択」される難易度が緩和されたとはいえ
上位3~4割に入れる精度の事業計画書を作らないといけないことに相違ありません。

「願望」と「ビジョンを描く」だけでは通用しません。
しっかりと、新事業について調査と研鑽を重ね用意周到に臨んでください!

今回は、この上位3~4割に入れる事業計画書を作るために
審査項目について、ものづくり補助金と比べてみました。
 

みなさん、ご存知の通り、事業再構築補助金の審査項目は、
「事業化面」「再構築面」「政策面」から成り立っています。

「政策面」は、事業計画の内容によって、点数が入ったり入らなかったりするところであり、
これに呼応させるために事業計画を歪曲させることは好ましくないので本稿からは省きます。

「再構築面」は ”事業再構築補助金” ならではのものですので、
ものづくり補助金の審査項目にはありません。

したがって、「事業再構築補助金の事業化面」と「ものづくり補助金の技術面・事業化面」
とを比べ、そこから見えてくることについて紹介させていただきます。

まず、事業再構築補助金には「技術面の審査項目」といったものがありません。

したがって、事業再構築補助金の事業計画書の記述項目の中の「事業再構築の具体的内容」について
技術的・科学的なことを要求されていないから助かるな! このように思われる方がいます

だから、ここでは、建物建設・改修、機械装置・システム導入、販促関連のことを書けば良いだろう!
このように安易に考えられるようです。

まだ、採択率の高い、「緊急事態宣言特別枠」であればこれで済むかも知れませんが、
採択率38%の「通常枠」ではそうはいかないでしょう。

上図を良くみていただくと、「事業再構築補助金の事業化面」の審査項目は
「ものづくり補助金の事業化面」のみならず「ものづくり補助金の技術面」の踏襲した
感じになっていることがおわかりかと思います。

まして、赤字で記載の「生産性向上」はハード投資だけで成し遂げられるものではありません。

つまり、「事業再構築補助金」においても「技術」「ノウハウ」といった知的資産の構築
の精度・有効度で採否が決定されるもの、と思っていただいて差し支えないと思います。

「ものづくり補助金ー技術面の審査項目」に記載の、
””既存技術の転用や隠れた価値の発掘・・・アイデアの活用””
ここを腹落ちさせてください。

中には、事業再構築補助金は「事業化面」で点数が取れなくても
「再構築面」で点数を取ればよい!、 このように誤解されている方がおられます。

「再構築面の審査項目は、概ね、以下の通りです。

 ①リスクの高い、思い切った大胆な事業の再構築を行うものであるか
 ②事業再構築を行う必要性や緊要性が高いか
 ③「選択と集中」を戦略的に組み合わせ、リソースの最適化を図る取組であるか
 ④先端的なデジタル技術の活用、新しいビジネスモデルの構築等

正直、②と③はさほど点数に差が付きません。
①と④は、上記の知的資産の構築から、「大胆な取組み」や「ビジネスモデルの構築」
に繋がるものです。

したがって、やはり、「ものづくり補助金ー技術面の審査項目」、ここを腹落ちさせること
これが「採択」に通ずる! と私は思います。

 

CATEGORIES

実直な提言

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

たった、33,000円の事業再構築補助金e-ラーニングの受講で採択確度の高い事業計画書が作れる優れもの。新分野展開、業態転換等4類型のテンプレートに沿った解説動画、更に3回の個別相談で、採択の要所を伝授