メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「事業計画書作成のアドバイス(中小企業庁)ーその2」

みんさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

9月2日(火)にようやく、第2回公募の採択発表がございました。
 
事業再構築補助金 採択率左表の採択率は、申請要件を満たした審査対象者数分母にして計算しています。したがって、要件を満たさない申請書に不備のあった方を除いてます。
赤い背景色の全類型合計の採択率は51%で第1回公募よりだいぶ上がりました。
意外なことに、第1回に比べ、応募件数、審査対象者数が減少しています。
また、採択件数が1,000件以上増加したことも採択率を引き上げた要因と言えます。

特別枠の採択率は77%とかなり高かったのに対し、青い背景色の通常枠他(含む特別枠での不採択者)
の採択率は38%と全体の中では厳しめでした。

いずれにしても、第1回の状況より「採択」される難易度が改善されたとはいえ
上位3~4割に入れる精度の事業計画書を作らないといけないことに相違ありません。

みなさん、既に、事業再構築補助金事務局より、
「第1回公募を振り返って~事業計画作成のアドバイス」に関する解説動画が公開されていること、
ご承知のことと存じます。

そして、この中で話されていることも「上位3~4割」に入れる事業計画書作りの一助となるものです。

そして、第3回、第4回と時が進んでも、古新聞となる内容のものでなく、
押さえておくべき必須事項ですので、私見を踏まえ紹介させていただきます。
 

 
上の図は、「第1回公募を振り返って~事業計画作成のアドバイス」に関する解説動画の中で
提示された情報に一部わたしが追記したものです。

前回から引き続きの中、今回は、上図の上部、3つの提言事項について私見を述べさせていただきます

現状を言葉にする。理想像を組み立てる。(言語化・抽象化)   

 
この提言の前段に、事業計画書の内容がうまく伝わってこない、
こちらの求めていることの記述が無い、ここらあたりからのようです。

現状を言葉にする   

 
まず、現状を言葉にするにしても、
何を要求されているのか、この意を汲まなければいけません。

現状について、困っていることをたくさん書かれても、これによって、
論点がボケたり、記述されなかったりとなるとプラスにはならない。
このように、おっしゃられていました。
つまり、聞きたいことが書かれていない、ボケてしまっている、と言うことのようです。

わたしが考えるには、次にお話します「理想像」、これとのギャップとその解消法に
つながることをコンパクトに『言葉にする』と言うことだと思います。

たとえば、以下のようなものを思い浮かべました

 ●コロナの影響で、コロナ前と比べどのくらい売上高が下がったのか
 ●アウターコロナ下で業況が回帰に向かうのか、回帰が限定的か
  コロナを経験して消費者のニーズが変わってしまうのか
  コロナとは直接関係ないが、構造的に業容が漸減していくのか 
 ●理想の姿を目指す新事業(製品・サービス)に活かせる技術、ノウハウは何か
  それに呼応できるリソースとして何を具備しているか

理想像を組み立てる。(言語化・抽象化)   

 
ここは私見を述べさせていただきます。

「理想像を組み立てる」ここは簡単に聞き流さないでください。
採否を分ける重要なところです。

仮に、理想像=事業再構築後の姿がどうでありたいか、を考えずに作成された事業計画書は、

・課題の解決が、建物建設・改修や機械装置・システム導入で足りる淡泊なもの
・競合との差別化が空理空論、仮に差別化要素があっても顧客が真に欲しがるものか不明
・安易に低価格戦略

といったものであり、採択は難しいでしょう

一方、理想像を組みたてることを実践すれが、上記のような事業計画にはならないはずです。

まずは、新事業のことをしっかりと勉強しますよね
そして、技術・ノウハウの拡充といった「知的資産」の課題とその対応策
を練るようになるはずです。

そして、「理想像を組み立てる」際には、「3C分析」のフレームワークから実践してみてください
詳しくは コチラ >>
 

理想と現実の差分が課題でありそこを埋めるアクションが戦略となる   

 
その通りだと思うます。
そして、以下の、切り口の3要素に従い記述していけば、概ね、宜しいかと存じます。

 ●新たに構築する技術・ノウハウ
 ●建物改修、設備・システム導入
 ●販促、販路開拓

 

改めて戦略を言葉にしてみる(新製品・サービス、それを支える技術、それにより生まれる顧客   

 
言葉にしてみる、とは、
従業員や認定支援機関の前でプレゼンを行うことが有効だと思います。

全体として纏まりのある事情計画書に仕上げるためには必須事項かも知れません!

 

CATEGORIES

実直な提言

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

たった、33,000円の事業再構築補助金e-ラーニングの受講で採択確度の高い事業計画書が作れる優れもの。新分野展開、業態転換等4類型のテンプレートに沿った解説動画、更に3回の個別相談で、採択の要所を伝授