メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「『説得力のある事業計画書』作りの1考察」

みんさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

ようやく、9月2日(木)に、「第2回公募」の採択者の発表がありました。
 
事業再構築補助金 採択率左表の採択率は、申請要件を満たした審査対象者数分母にして計算しています。したがって、要件を満たさない申請書に不備のあった方を除いてます。
赤い背景色の全類型合計の採択率は51%で第1回公募よりだいぶ上がりました。
意外なことに、第1回に比べ、応募件数、審査対象者数が減少しています。
また、採択件数が1,000件以上増加したことも採択率を引き上げた要因と言えます。

特別枠の採択率は77%とかなり高かったのに対し、青い背景色の通常枠他(含む特別枠での不採択者)
の採択率は38%と全体の中では厳しめでした。

いずれにしても、第1回の状況より「採択」される難易度が改善されたとはいえ
上位3~4割に入れる精度の事業計画書を作らないといけないことに相違ありません。

そのためには、事業再構築補助金を出す側(国)がどのように捉えているかを知ることです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ようやく本題です。

一昨日、これに応えるために、上図「事業再構築指針の手引き」28ページ目に記載の「留意事項」
に記載された黄色のアンダーラインについて私見を述べさせていただきました。

ありがたいことに、早速、お問合せをいただきました。それは、以下の内容でございます。

「説得力のある事業計画」を作るためには、明快なビジョンを示すより、
””なぜ、それが良いことなのか! うまくいくのか! を具体的に証明すること””
このように述べられています。

わたしも同感ですが、その証明方法について
アドバイスをいただけたら幸いです。
 
ありがとうございます。順を追って説明させていただきます。

審査・審査員の視点を押さえる   

 

●審査自体は、「減点法」でなく「加点法」
 
 ということは、書いてやぶ蛇!このようなことはありません。
 安心してください

●記載内容について「否定」はしずらい

 ということは、記載内容の正否を審査することは稀ですし
 そもそも、審査員はみなさんが行おうとしている事業のプロではありませんので
 記事がおかしい! といった評価は出しずらいし、出せない、です。

 マイナスのコメントが発せられるのは、
 戦略は示されているが、それを成し遂げる方法論やそれがうまくいく根拠が示されていないので
 評価ができない!! こういったことです。

 つまり、書けば「0点」ではない、と言うことです

●複数人での審査

 1つの案件を一人の審査員が審査するわけではありません。
 審査の偏りを無くし平準化を図るために複数人で審査します。

 ということは、上の記事と被りますが、記述された記事の否定はしずらい、
 できない、と言うことです。

はい、審査・審査員の視点からすると、
・的外れなことを書いても減点はされない
・書かねば「0点」書けば「0点」ではない

ここを押さえておきましょう。そうすれば「証明すること」にナーバスになることは無いでしょう!

記述の視点を押さえる   

 
●証明できる客観的情報を入手する

 新事業の成否は、””経営者の勘””も大きいでしょうが
 事業再構築補助金の「採択」を狙うにはそうはいきません。

 主張するからにはその「根拠」を証明しなければなりません。
 そのためには、まずは、「証明できる客観的情報」を用いて記述することになります。

 特に、市場・顧客の動向に関する情報ですと、マクロ的なものはきっとみなさん揃えられると思います。

 そして、より証明力を高めるために、地域自治体の動向もバックボーンデータとして使えそうです。

 たとえば、

 東京都では「未来の東京」戦略、八王子市では「八王子市産業振興マスタープラン」といったもので
 将来ビジョンを明快にしています。

 また、テーマを成し遂げる戦術については、何回も筆を執らせていただいています
 「業界のロードマップ」がこれにあたりそうです

●別のものと比較をしてみる
 
 テーマを成し遂げる戦術については、別の方法と比較して証明する術は知っておきましょう。
 
 そして、そのバックボーンデータとして「業界のロードマップ」を活用することは有効です。

新事業成功の視点から押さえる   

 
 新事業を成功に導くためには、事業化段階での絶えまぬ「PDCA」の実践が必須です。

 そして、今の時点は、新事業についての、製造プロセス、提供プロセスについて
 しっかりと勉強し、これを事業計画書に記述することです。

 これが、大局的に「できていない人が多い」アイテムです。

 ここはしっかりと押さえて差別化を図りましょう!

 
 

CATEGORIES

いざ事業計画書作成

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

たった、33,000円の事業再構築補助金e-ラーニングの受講で採択確度の高い事業計画書が作れる優れもの。新分野展開、業態転換等4類型のテンプレートに沿った解説動画、更に3回の個別相談で、採択の要所を伝授