メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「事業再構築を成功させるー中小企業白書から学ぶ その2」

みんさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

2021年6月18日(金)に第1回公募の採択発表がありました。

 
 
 
 
 
総論としては、申請件数:22,231件、採択件数:8,016件 採択率36%でした。
おおかた、類似補助金の過去の採択率から8~9割の採択率と予想されていたようです。

決して、経済産業省や中小企業庁からの何らかの誘因が働いたようには思えません。
なぜなら、予算消化額が2,200億円であり、ちょうど総予算1兆1千億円の1/5です。

つまり、予算均等消化のところから、8,016件の採択件数となり、申請件数が
22,231件と予想外に多かったので採択率が36%となったようです。

当然のことですが「上位3割」、いや、初回の採択率が36%ですから、
第2回以降の応募者の増加を鑑みますと「上位2割」に入れる事業計画書を作って
戦いに挑まないといけません。


 
 
 
 
 
 
 
 
上図の通り、みなさんは、事業再構築補助金の「採択」を目的としているわけではなく、
「新事業を成功」させることをゴールにしているハズです。

でも、目先の事業再構築補助金を付け焼刃でも良いから申請してしまい、
採択については、運を天に任す、といった姿勢で臨まれている方が大半です。

ただし、こういった行動は決して好ましいとは言えません。

これを踏まえ、今回は「中小企業白書から学ぶ その2」です。

このような情報をサーっと読み飛ばしてしまうか、
ここから成功の要素を探り当てるか、
考え方次第で見識が180度変わります。

上の図は、新事業展開において、マーケティング活動をしている会社と
していない会社の「経常利益率」の増減を比較したものです

ちなみに、ここで実施したマーケティングアイテムは以下の通りです。

  ①自社の強みの把握
  ②市場ニーズの把握
  ③自社の製品・サービスのPR活動を実施する情報戦略の立案・実行  

新事業である以上、

製造業であれば、製造方法
卸売・小売・サービス業であれば、提供方法

についてもマーケティングをしなければ始まりませんが、
それは、マーケティング活動以前に当然行うべきこと、
このようなことから、①~③に入っていないと思っています。

この分析結果をみると

 ❶新事業の展開について、マーケティング活動をした企業の中で
  経常利益率が横這い・増加であった割合は80.5%

 ②新事業の展開について、マーケティング活動をしていない企業の中で
  経常利益率が横這い・増加であった割合は80.5%

です。

この差を見れば、マーケティングが必須事項であることは、当然でしょう。

ただ、ここで私が着眼したことは、マーケティング活動をしていない
企業でも、横這い・増加した、と回答した方が、6割もいた、ということです。

つまり、上記❶~③のマーケティングアイテムは実行していないが、
新事業の、製造・提供プロセスをしっかりと調査し、
新事業展開に臨んでいるからこのような結果になったのだろうと
わたしは推察しています。

事業再構築補助金にチャレンジされる方の中には、
ここを疎かにされる方がおられます。

でも、審査員はここを一番注意して審査を行いますので
押さえておきましょう。

何よりも、新事業を成功させるためには、
しっかりとPDCAを回してい必要があります。

 

CATEGORIES

事業再構築を成功させる

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

たった、33,000円の事業再構築補助金e-ラーニングの受講で採択確度の高い事業計画書が作れる優れもの。新分野展開、業態転換等4類型のテンプレートに沿った解説動画、更に3回の個別相談で、採択の要所を伝授