メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「審査項目を斬るー地域のイノベ ーションに貢献」

みんさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

2021年6月18日(金)に第1回公募の採択発表がありました。

総論としては、申請件数:22,231件、採択件数:8,016件 採択率36%でした。
おおかた、類似補助金の過去の採択率から8~9割の採択率と予想されていたようです。

決して、経済産業省や中小企業庁からの何らかの誘因が働いたようには思えません。
なぜなら、予算消化額が2,200億円であり、ちょうど総予算1兆1千億円の1/5です。

つまり、予算均等消化のところから、8,016件の採択件数となり、申請件数が
22,231件と予想外に多かったので採択率が36%となったようです。

当然のことですが「上位3割」、いや、初回の採択率が36%ですから、
第2回以降の応募者の増加を鑑みますと「上位2割」に入れる事業計画書を作って
戦いに挑まないといけません。

そのためには、審査項目を1つ1つ腑に落とす必要があります

その中、今回のテーマは、「地域のイノベーションに貢献」です。

審査項目に以下のように書かれています.

先端的なデジタル技術の活用、新しいビジネスモデルの構築等を通じて、地域のイノベ
ーションに貢献し得る事業か。

 
全文を取っ払えば、『等を通じて、地域のイノベーションに貢献しうる事業』

どうやら、自社でイノベーション(改革)に取組まなければ何も始まりませんね!

ただ、これが事業計画書に鮮明に書かれている会社とそうでない会社が両極端なような気がします

でも、評点は別にして、みなさんんが取り組もうとしている事業再構築には必ずイノベーションが
盛り込まれているはずです

というのも、イノベーションの姿が見えない事業計画書の共通点は、
「事業再構築の具体的内容」のところで、建屋の改修や設備投資、
広告宣伝のことしか書かれていない、ものです。

私が、いろいろなところでお話しているのが、
新事業を製造・提供するオペレーションをビジネスモデルと言う形で
まずは示してみてください、と言うことです
 

 
上図は、平凡すぎますが、もっと詳細に記述し、それと標準的な会社のものと比べてみてください

意外なところでみなさんの工夫点が浮き彫りになるはずです。

ここの狙いと効果が明快であればイノベーションとして主張して良いと私は思います。

確かに、それが高度がどうか、という見かたもあるでしょうが、
その着眼が地域企業に受け入れられやすいもの、という見かたもあると思います。

ここは、是非、押さえてください。

方法論として、「先端的なデジタル技術の活用」は、これが活かせるテーマと
無縁のテーマがありますので、一寸飛ばしましょう。

「新しいビジネスモデルの構築」これについては、上記のビジネスモデルを考案する際に
自社の提供価値(強み)を再検証した上で記述すれば、それなりの主張はできるはずです。

如何でしたでしょうか! 是非、Tryしてみましょう!

 

CATEGORIES

審査項目を斬る

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

事業再構築補助金採択の決め手は事業計画書に再構築の契機と取組方法を理路整然と記述することです。このような事業計画書をみなさんが機械的に作れるオンライン講座・教材を33,000円で提供しています