メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「審査項目を斬るー補助事業の効果的な取組み」

みんさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

2021年6月18日(金)に第1回公募の採択発表がありました。

総論としては、申請件数:22,231件、採択件数:8,016件 採択率36%でした。
おおかた、類似補助金の過去の採択率から8~9割の採択率と予想されていたようです。

決して、経済産業省や中小企業庁からの何らかの誘因が働いたようには思えません。
なぜなら、予算消化額が2,200億円であり、ちょうど総予算1兆1千億円の1/5です。

つまり、予算均等消化のところから、8,016件の採択件数となり、申請件数が
22,231件と予想外に多かったので採択率が36%となったようです。

当然のことですが「上位3割」、いや、初回の採択率が36%ですから、
第2回以降の応募者の増加を鑑みますと「上位2割」に入れる事業計画書を作って
戦いに挑まないといけません。

そのためには、審査項目を1つ1つ腑に落とす必要があります

その中、今回のテーマは、「補助事業の効果的な取組み」です。

審査項目に以下のように書かれています

補助事業として費用対効果(補助金の投入額に対して増額が想定される付加価値額の規
模、生産性の向上、その実現性等)が高いか。その際、現在の自社の人材、技術・ノウハ
ウ等の強みを活用することや既存事業とのシナジー効果が期待されること等により、効果
的な取組となっているか。

 
いくつかポイントがございますので個々に説明していきます。

補助金の投入額に対して増額が想定される付加価値額の規模、生産性の向上、その実現性等が高いか

 
ここは数字で示すしかないだろう! こう思われませんか?
でも根拠を示さなければいけませんね(定量的に・・)

ここはまず、新規事業の売上高について、カテゴリー(販路別、ターゲット別、顧客層別)ごとに
分けて「数量」×「単価」で示してみましょう。

まずは、増加売上高について示さないとはじまりません。

だいたい、定性的な言い回しは、
~○○のターゲットに当社の◇◆を活かしたサービスが
 受け入れられることが多に気期待できる
 したがって、商圏内のターゲット総定数xx,xxx人の
 シェア○○%のxxx人/月の確保を目指す ~
こんなところでしょう!

ただし、未経験な事業(製品等)故、過去の推移に基づくものではないので、
リスクがあります。

このリスクを特定し、対処策を何らかの形で記述する、
こういったことも補完手段として必要です。

重要なのはリスクの特定です。

現在の自社の人材、技術・ノウハウ等の強みを活用することや
既存事業とのシナジー効果が期待されること

 
ここは、保守的な考えですね。
当然みなさんは、これを踏まえて「新事業として何をするか」を検討されると思います。

これが、事業再構築、経営理論で言えば「企業ドメイン」の要諦ですね!

ただし、以下の真逆に審査項目もあります

事業再構築指針に沿った取組みであるか。また、全く異なる業種への転換など、リスク
の高い、思い切った大胆な事業の再構築を行うものであるか。

 
こちらは、リスクの高い、思いきった大胆な・・・
ということです。

あっちを立てればこっちが立たず! ここらあたりから
バランスを取っているようにも見受けられます。

わたしは、こちらの審査項目は場合によっては捨てても良いと思いますが、
みなさんの「独創的な取組み」については大いに主張しましょう!

そして、
異なる業種への転換など、リスクの高い、思い切った大胆な事業の再構築を行う方にとっては
上記の、
現在の自社の人材、技術・ノウハウ等の強みを活用することや既存事業とのシナジー効果が期待されること
この説明が難しくなりますね!

でも、そうならないよう、しっかりと、思い切った大胆な事業の再構築について
研鑽と事業展開についての下準備をしておきましょう!

 

CATEGORIES

審査項目を斬る

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

事業再構築補助金採択の決め手は事業計画書に再構築の契機と取組方法を理路整然と記述することです。このような事業計画書をみなさんが機械的に作れるオンライン講座・教材を33,000円で提供しています