メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「審査項目を斬るー市場規模・ニーズを掴む」

みんさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

2021年6月18日(金)に第1回公募の採択発表がありました。

総論としては、申請件数:22,231件、採択件数:8,016件 採択率36%でした。
おおかた、類似補助金の過去の採択率から8~9割の採択率と予想されていたようです。

決して、経済産業省や中小企業庁からの何らかの誘因が働いたようには思えません。
なぜなら、予算消化額が2,200億円であり、ちょうど総予算1兆1千億円の1/5です。

つまり、予算均等消化のところから、8,016件の採択件数となり、申請件数が
22,231件と予想外に多かったので採択率が36%となったようです。

当然のことですが「上位3割」、いや、初回の採択率が36%ですから、
第2回以降の応募者の増加を鑑みますと「上位2割」に入れる事業計画書を作って
戦いに挑まないといけません。

そのためには、審査項目を1つ1つ腑に落とす必要があります

その中、今回のテーマは、「市場規模・ニーズを掴む」です。

審査項目の中の2つの要素を見比べてみましょう!

事業化に向けて、競合他社の動向を把握すること等を通じて市場ニーズを考慮するとと
もに、補助事業の成果の事業化が寄与するユーザー、マーケット及び市場規模が明確か。
市場ニーズの有無を検証できているか。

 

事業再構築指針に沿った取組みであるか。また、全く異なる業種への転換など、リスク 
の高い、思い切った大胆な事業の再構築を行うものであるか。

 

市場ニーズや自社の強みを踏まえ、「選択と集中」を戦略的に組み合わせ、リソースの 
最適化を図る取組であるか。

 
本題の「市場規模・ニーズを掴む」に直結した審査項目がブルー枠の「事業化点」というジャンルの評価項目です。

また、ピンク枠のが「再構築点」というジャンルの審査項目です。

ブルー枠の求めていることは、「市場規模」「ユーザー(ターゲット)は誰」「市場・ユーザーニーズ」です。

そして、これは現状の事業環境の将来を懸念し、よりよい市場環境に転地すること、
つまり新たなステージに進出することを意味します。

したがって、みなさんにとっては一大決心のはずです。
ですから、なぜ、ここに進出しようとしているのか、自社の強み(新事業に活かせる知的資産)
を踏まえてしっかりと押さえていく必要があります。

それから、ピンク枠上段の、「思い切った大胆な事業の再構築」これを強引に「新事業の売上貢献度」
と読み替えると、現事業を思い切ってスクラップ化し、新事業にフォーカスする意気込みは必要です。

なぜなら、この補助金の建付けは「事業拡張」でなく「事業再構築」だからです。
当然、よりよい市場環境に転地することが目的ですからこのようなメリハリは重要です。

つまり、これだけの価値のある、市場環境であるかどうか、ここが押え処です。

次は、ピンク枠下段の「自社の強みを踏まえ、リソースの最適化を図る取組」についてです。

「よりよい市場環境に転地する」とは、当然、他社も参入するであろう激戦区(レッドオーシャン)です。
したがって、市場ニーズを汲み取りそこの参入することに違いはありませんが、
リソース(ヒトのスキルや知的資産)が活かせることを前提に新事業を組み立てる必要があります。

結局のところ、これらの3つの審査項目はつながってると考えたほうがよさそうです。

これらは、みなさん、言われなくてもわかってるよ! と言う感じでしょう

ただし、事業計画書を作る段階になると、どうしても市場規模のデータをインターネットから探す
ことに夢中になってしまい、全体感を疎かにしたまま進めてしまう傾向にあるようです。

これらを網羅するためには、

 ・市場規模を掴む統計データ
 ・アフターコロナ禍での市場予測(含む生活スタイル変化)

の情報を整備することはもちろんのこと、
みなさんの会社のリソース(ヒトのスキルや知的資産)が活かせる領域も特定しておくと、
いろいろなことが説明しやすくなります。

いわゆる、スモールマーケティングです。
そのために、上記のポジショニングマップを作って頭の整理をしてみてください

如何でしたでしょうか!

 

CATEGORIES

審査項目を斬る

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

事業再構築補助金採択の決め手は事業計画書に再構築の契機と取組方法を理路整然と記述することです。このような事業計画書をみなさんが機械的に作れるオンライン講座・教材を33,000円で提供しています