メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「審査項目を斬るー事業実施のための体制」

みんさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

2021年6月18日(金)に第1回公募の採択発表がありました。

総論としては、申請件数:22,231件、採択件数:8,016件 採択率36%でした。
おおかた、類似補助金の過去の採択率から8~9割の採択率と予想されていたようです。

決して、経済産業省や中小企業庁からの何らかの誘因が働いたようには思えません。
なぜなら、予算消化額が2,200億円であり、ちょうど総予算1兆1千億円の1/5です。

つまり、予算均等消化のところから、8,016件の採択件数となり、申請件数が
22,231件と予想外に多かったので採択率が36%となったようです。

当然のことですが「上位3割」、いや、初回の採択率が36%ですから、
第2回以降の応募者の増加を鑑みますと「上位2割」に入れる事業計画書を作って
戦いに挑まないといけません。

そのためには、審査項目を1つ1つ腑に落とす必要があります

その中、今回のテーマは、「事業実施のための体制」です。

審査項目の中の2つの要素を見比べてみましょう!

 本事業の目的に沿った事業実施のための体制(人材、事務処理能力等)や最近の財務状
況等から、補助事業を適切に遂行できると期待できるか。また、金融機関等からの十分な
資金の調達が見込めるか。

 

 補助事業の成果が価格的・性能的に優位性や収益性を有し、かつ、事業化に至るまでの
遂行方法及びスケジュールが妥当か。補助事業の課題が明確になっており、その課題の解
決方法が明確かつ妥当か。

 
ブルーとピンクの枠内のそれぞれの審査項目を比べたら、どちらが重要だと思いますか?

ほとんどの方が「ピンク」と答えるのではないでしょうか!

だって、差別化とか、儲かるとか、地域経済への貢献となると
課題と、その解決策=アクションテーマの精度で決まってしまいますよね

それに比べて、「ブルー」の審査項目は事業計画書で表現する花形部分ではありません。

したがって、みなさん、要求されているから書こう! このくらいの感じで捉えていると思います。

ただ、現在の事業を取り巻く環境が芳しくないことから、明るい市場への転地を挑むのが
事業再構築ですよね!

であれば、何もしないで新事業の仕組みを作って運営するなんてできません!

要は、挑戦度が高ければ高いほど実施の体制は貧弱なはずです。

ここは、これが普通だ! と思って事業計画書を作られたほうが良いと思います。

なぜなら、審査員もそう思っているからです。

したがって、事業再構築補助金では、補助事業の課題の解決策の1コマが推進体制
になるのだと思います。

ですから、ピンクの審査項目とブルーの審査項目は「1つモノ」と捉えるべきだと思います。
 

上表を見てください。

は左側の表現は、単に、誰が!補助事業の何を!担当するのか、
これが書かれているだけです。

単に、要求事項に応える、無いよりは良い、ただそれだけのものです。

右の図は如何でしょうか、それなりに具体的に書かれており
少人数で効率的に、人海戦術で乗り切っていく姿勢が伺えます。

さらに手を加えれば、現業務との配分、親和性などが表現できそうです。

このように、事業再構築補助金で示す推進体制については、
何らかの訴える意図をもって書くべくだと思います

 

CATEGORIES

審査項目を斬る

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

事業再構築補助金採択の決め手は事業計画書に再構築の契機と取組方法を理路整然と記述することです。このような事業計画書をみなさんが機械的に作れるオンライン講座・教材を33,000円で提供しています