メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「審査項目を斬るー大胆な取組み」

みんさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

こちら、隔日配信、事業再構築補助金『採択』に向けた事業計画書作りのお役立ち情報です。

2021年6月18日(金)に第1回公募の採択発表がありました。

総論としては、申請件数:22,231件、採択件数:8,016件 採択率36%でした。
おおかた、類似補助金の過去の採択率から8~9割の採択率と予想されていたようです。

決して、経済産業省や中小企業庁からの何らかの誘因が働いたようには思えません。
なぜなら、予算消化額が2,200億円であり、ちょうど総予算1兆1千億円の1/5です。

つまり、予算均等消化のところから、8,016件の採択件数となり、申請件数が
22,231件と予想外に多かったので採択率が36%となったようです。

当然のことですが「上位3割」、いや、初回の採択率が36%ですから、
第2回以降の応募者の増加を鑑みますと「上位2割」に入れる事業計画書を作って
戦いに挑まないといけません。

そのためには、審査項目を1つ1つ腑に落とす必要があります

その中、今回のテーマは、「大胆な取組み」です。

審査項目の中に以下のものがあります

事業再構築指針に沿った取組みであるか。また、全く異なる業種への転換など、
リスクの高い、思い切った大胆な事業の再構築を行うものであるか。

 
まず、「事業再構築指針に沿った取組みであるか、」
これは当たり前ですね!

ポイントは、概ね、以下の事象に合致していることです
・新たな製品・商品・サービスの展開である(過去に製造・提供したことが無い)
・主要な設備等を変更するものである(過去に当該設備を主に使用して製造等したことが無い)
・既存の製品等と新製品等の代替性が低いこと(*「業態手転換」は当該定め無し)
・製造方法等を相当程度変更すること

そして、これらについて「証明しなさい」と言われているわけではありません。

つまり、「正直に」言い切ってしまうことです。

次の、「全く異なる業種への転換など、リスクの高い、思い切った大胆な事業の再構築を行うものであるか」
これについては結構誤解されている方が多そうです

事業再構築指針の「業種転換」だけを指しているのではありません。

””全く異なる業種への転換など””
と書かれてれていますので、そのほかのことでも良いということです。

たとえば、わたしは、自然に考えて「業態転換」の定義の中にある、
製造方法等の相当程度変更であっても
リスクの高い、思い切った大胆な事業の再構築への挑戦であり、競争優位に資するものであれば
十分に通用すると思っています。

なぜなら、経済産業省や中小企業庁が狙っているのは、事業再構築補助金を支出して
事業再構築を通じて産業イノベーションを誘発させることにあるからです。

最後に重要なことを申し上げます。

やはり、本件に関し、審査員の中には、事業再構築指針の類型の中の「業種転換」
にしか反応しない方がおられそうです。

この、審査員リスクを回避させるためにも

”本施策は、「業種転換」とは言い難いが○○の方法・取組みで競争力強化を図るものである。
したがって、リスクの高い、思い切った大胆な事業の再構築への挑戦である。
このリスクは◇◇のことであり、△△にて十分ではないが対処して行く

こんな風に追記しておきましょう!

 

CATEGORIES

審査項目を斬る

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

事業再構築補助金採択の決め手は事業計画書に再構築の契機と取組方法を理路整然と記述することです。このような事業計画書をみなさんが機械的に作れるオンライン講座・教材を33,000円で提供しています