メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

事業再構築補助金お役立ち情報「いざ事業計画書作成ーデザインレビューの有効性」

みんさんこんにちは、坂本経営事務所の坂本です。

2021年6月18日(金)に第1回公募の採択発表がありました。

総論としては、申請件数:22,231件、採択件数:8,016件 採択率36%でした。
おおかた、類似補助金の過去の採択率から8~9割の採択率と予想されていたようです。

決して、経済産業省や中小企業庁からの何らかの誘因が働いたようには思えません。
なぜなら、予算消化額が2,200億円であり、ちょうど総予算1兆1千億円の1/5です。

つまり、予算均等消化のところから、8,016件の採択件数となり、申請件数が
22,231件と予想外に多かったので採択率が36%となったようです。

当然のことですが「上位3割」、いや、初回の採択率が36%ですから、
第2回以降の応募者の増加を鑑みますと「上位2割」に入れる事業計画書を作って
戦いに挑まないといけません。

今回のテーマは、「デザインレビューの有効性」です。

事業再構築補助金事業計画書のシナリオは概ね下表の流れになるでしょう!

補助事業の具体的取組内容    

将来の展望           


 
みなさんは、何から始めますか?
(もちろん、事業再構築補助金の仕組みを知り申請要件を満たしていることが確認された後のことです)

きっと公募要領の中から、指示されている事項や審査項目から、
上表のようにあらかじめ全体感をデッサンし書き始めていくでしょう!

ポイントは、きちんと書き出して整理するか、頭の中だけでデッサンするか
あるいは、みなさんだけで行うか、社員各位や認定支援機関を巻き込んで行うかです。

お勧めは、社員各位や認定支援機関を巻き込んできちんと書き出して
デッサンすることをです。

理由は、みなさんお一人で頭の中だけでデッサンしても
”思いつき”の発想になってしまうからです。

まずは、これらのプロセスを経て書き始めましょう

そこでまず紹介させていただきたいのが「デザインレビューです」。

デザインレビューとは、
各フェーズにおける仕様書や設計書、プログラムなどの成果物を
第三者の目(営業、経理、購買、生産管理、品質保証など)で
レビューすることにより、開発者の視点では漏れてしまう内容
を精査して、品質を確保することを目的として実施します。

実は、「事業再構築補助金デザインレビュー」とういもの
を私は重要視しています。
 
 
狙いは何といっても

「歪曲回避の視点」

からです。
 
後先考えずにいきなり書き始めるのはスピーディーかも知れませんが
間違いなく、品質(記述精度)は下がるでしょう!

前述の通り、社員各位や認定支援機関を巻き込んできちんと書き出して
デッサンすることで ””ブレのない”” 事業計画書が作れそうです。

ただし、現実はそううまくはいきません。
必ず、歪曲、つまり、作業が進むにつれどんどん横道に逸れてしまうのです。

ですから、これが起こりうることを想定しデザインレビューを行いましょう!

横道に逸れるとは、どこかで話がかみ合わなくなっています。
そして、これは、経理のような方が向いているかもしれません。

そして、「歪曲回避の視点」からだけでデザインレビューをおこなうのは
もったいないです。

「審査項目の視点」「優劣明瞭の視点」「客観性の視点」からも行いましょう!

「審査項目の視点」

これは、審査項目に則った記述が高精度に盛り込まれているか、です。

キーワードは具体的な記述かどうか、ここらあたりが焦点のようです。

「優劣明瞭の視点」

これは、訴えたいポイントが明瞭に伝わるかどうかです。

補助金額が1,500万円を超える申請案件は、A4サイズ15枚もの
事業計画書を作ります。

したがって、小見出しの作り方も重要になってきます。

「客観性の視点」

これは、事業計画書の記述の文脈にあります。

○○は△△である。
なぜなら◇◇だからである。

この言い回しはポピュラーですね! 

なぜなら◇◇だからである、は上の文の根拠を示しています。

これには、どれだけ客観的なデータで示せるかに掛かっています。

如何でしたでしょうか!

事業再構築補助金事業計画書作成に際しては、「デザインレビュー」の工程も設けましょう!

 

CATEGORIES

いざ事業計画書作成

事業再構築補助金の事業計画書作成のための教材・講座をご提供

事業再構築補助金採択の決め手は事業計画書に再構築の契機と取組方法を理路整然と記述することです。このような事業計画書をみなさんが機械的に作れるオンライン講座・教材を33,000円で提供しています