メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

設備投資以外での課題解決策の記述法とは

みなさんこんにちは。
坂本経営事務所の坂本です。

本メルマガでは、
●ものづくり補助金の採択
●革新的事業展開設備投資支援事業の採択
に向けた実用的な記事を配信しています。

今回は「設備投資以外での課題解決の記述法」
についてお話いたします。

前々回は、「設備投資による課題解決の記述法」
でした。

その違いとは、どこにあるのでしょうか

その前に、「ものづくり補助金申請書」の大まかな
記述要領を確認しましょう

もちろん、「革新的事業展開設備投資支援事業」にも
当て嵌まります。

第1章 自社の事業、取扱商品、遠隔
第2章 業況、強み・弱み
第3章 顧客や市場のニ-ズ変化
第4章 これらからの経営課題
第5章 その解決策
第6章 事業化スケジュール

ざっとこんな感じでしょう

第4章の「これらからの経営課題」

これについての最終目標は、

①売上高をいくらにまであげられるか
②コストがどれだけ下がるか(たいていの方は「費用対効果」)
③品質がどれだけ改善し顧客の信頼に応えられるか
④納期がどれだけ改善し顧客の信頼に応えられるか

といったことでしょう!

第5章の「その解決策」

これは、経営資源の4要素を切り口に考えてみましょう
と以前にもお伝えさせていただきました

「ヒト」・・・ヒトの配置、調達、活用、組織の柔軟性
「モノ」・・・設備投資、搬送冶具など周辺冶具の改善
「カネ」・・・資金調達(面白いところではクラウドファンディング)
「ジョウホウ」・・・ノウハウ、メソッド

その中、本題の「設備投資以外での課題解決といったら
「ヒト」と「ジョウホウです」

ちょっとコチラを見てください。

これらが、私が経営課題の解決策において、設備投資以外
つまり「ヒト」と「ジョウホウ」による解決策のネタを
探す『型』です。

わかりずらい用語だけ解説しますと

①「ECRS」は改善の4原則である

・Eliminate:その作業を無くせないか
・Combine:一緒にできないか
・Rearrange:順序を入れ替えられないか
・Simplify:簡素化できないか

の頭文字をとったもので効率化の発想に基本です。

②スマートファクトリーは
工場内のあらゆる機器と人の動作をIoT化し
さまざまな情報を「見える化」させることで
効率化を図る手法です。

この型を参照することで経営課題に対する解決策
(業務改善策)が広がってくると思います。

もし、これらを不要だと思う方は、革新的な事業計画
は描けないと思いますよ!

まずは思い浮かべてみてください。

そしてタイトルの「記述法」、これは、巧妙に書くことでは
ありません。

より「具体的」に書くことです。

この時に、自社の状況をできる限り反映させるようにしてください。
そうすることで、オンリーワンの具体的な解決策だ、
と審査員に思っていただけるのです。

如何でしたでしょうか

CATEGORIES

1:申請書作成のワンポイントテクニック