メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

競合他社との優劣分析のしかたとは

みなさんこんにちは。
坂本経営事務所の坂本です。

本メルマガでは、
●ものづくり補助金の採択
●革新的事業展開設備投資支援事業の採択
に向けた実用的な記事を配信しています。

今回は、競合他社との優劣分析のしかたについて
お話いたします。

「ものづくり補助金」も「革新的事業展開設備投資支援事業」も
公募要領には必ず、競争優位性、差別化、革新性、
こんなワードが出てきます。

社長さん、御社の強みは何ですか?  このように質問すると

①技術力だよ!
②品質だよ!
③短納期だよ

なんて答えが返ってきます。

では、競争相手がどこでそこと比較して具体的に教えてください?

このように質問すると、
半数以上の方がしどろもどろなあいまいな答えに
なってしまいます。

それはどんなことから強みが培われたのですか?  と質問すると
また、半数以上の方がしどろもどろなあいまいな答えに
なってしまいます。

比較的多いのが、””長年にわたりお客様と培われた信用力だよ””
これしかないよ! このような答えです。

これは、まさしくその通りだと思います。
でも、補助金申請書にこのように記述しても点数は入りません。

技術力といった「現象」でなく、「その原因(理由)」について
記述することが大切です。

そして、「なぜなぜなぜ」を探ることで理由が明快になってきます。

これを明快に答えてくれる人は意外にも『お客様』かもしれません。

たとえば、
○○技術が肝になるので私(社長様)が以前に勤めていた会社の後輩に
最新の技術指導をしてもらっているんだ!
これがお客様から評価されて、半年に3件の新規受託が実現しているんだよ!

これだったら、技術力の高い理由につながっていて審査員の
評価も良さそうですね。

競合他社との優劣分析については、当然のことながら、
対象となる競合他社と評価項目を決める必要があります。

よく、星取表の項目について、QCD、つまり、品質、コスト、納期
を使う人がかなりいます。

これも悪くないですが、前後の事業計画の記述内容によっては
もっと重要な(ここを外したら意味がない)評価ポイントがあるはずです。

これについては、各社の個別のテーマにより、記述のポイントが整理できるものですので、更なる具体的なお話は割愛させていただきます。

実際に、当社と競合他社とを評価項目ごとに寸評する際に、
〇△×だけで評価する方がおられます。

はっきり言ってこれは手抜きです。
端的に言葉で寸評もしましょう。

また、中には、競合他社が業界の中でもそれなりのコア技術などをもった、希少な会社同士といったころもあります。

この場合には、これについてもしっかりと書きましょう。
決して、No1である必要はありません。
このグループに属していることが強みなのです。

如何でしたでしょうか!

当社にはこんな強みがある! それは○○によって構築できたものである。
今回、設備投資、を行い生産力を向上させることで
一層強みが増幅される。

こんなふうに申請書に記述できたら良いですね!

CATEGORIES

1:申請書作成のワンポイントテクニック