メルマガバックナンバー

 
過去にメルマガで配信したノウハウ記事をアップしていますので、ご活用ください。

皆が軽視する「ものづくり補助金」のその2

みなさんこんにちは。
坂本経営事務所の坂本です。

本メルマガでは、
●ものづくり補助金の採択
●革新的事業展開設備投資支援事業の採択
に向けた実用的な記事を配信しています。

今回は、”皆が軽視するものづくり補助金の”『その2』”について
お話させていただきます。

ものづくり補助金申請書の記述事項は、

その1:具体的な取組内容  と
その2:将来の展望・・・本事業の成果の事業化に向けて想定している
内容及び期待される効果

に大別されます。

「その1」は、「ものづくり補助金」申請書の中で、
革新的な事業開発について記述するところです。

(1)事業内容
(2)現状の問題点・課題
(3)課題の解決方法
(4)主要スケジュール
(5)実施の体制

これだけではありませんが、こんなことをみなさん書いています。

つまり、増産対応とか何らかの事業課題があって、
それを、設備投資などで対応していく、といったところです。

募要領を読んでみると、比較的記述内容がイメージしやすいのです。

そして、大半の方が勘違いされるのが、ここまで書き終わったら、
ほぼほぼ出来上がったように錯覚してしまうのです。

でも「その1」が完璧に書けても100点満点中40点しか取れません。

これから話す「その2」の配点も100点満点中の40点です。

つまり、「その2」がしっかり書けるかどうかが合否を分けるのです。

それでは、関連する公募要領を見てみましょう

a.本事業の成果が寄与すると想定している具体的なユーザー、マーケット及び市場規模等について、その成果の価格的・性能的な優位性・収益性や現在の市場規模も踏まえて記載してください。
b.本事業の成果の事業化見込みについて、目標となる時期・売上規模・量産化時の製品等の価格等について簡潔に記載してください。

どうやら、
・「その1」の取組み内容を評価してくれるお客様はだれで
・市場規模がどのくらいあって、これから伸長するのか!
・事業化(売上が立つ)の際に他社との差別化がどのように果たせるのか
・それはいつか

こんなことを書きなさい、と言っているようです。

自社新製品の展開などはこのように書けるかも知れませんが
下請け事業者の方は、どのように書いてよいか迷いますよね!

こんなことも相まって、「その2」が希薄になってしまう方が
多いのではないか、と推測しているところです。

私は、以下のようなことをすべての業種・業態について、記述の『型』として使用しています。

(1)本事業の対象となる市場の動向
(2)本補助事業の成果がもたらす効果、事業の展望
(3)事業化スケジュール(先行3~5年間の行動計画)
(4)売上計画
(5)本事業の革新性、競争力強化の源泉

これだって、簡単には書けそうにはないでしょうが、
ギブアップではないでしょう。

採択されるためには「その2」を制することです。

如何でしたでしょうか!

CATEGORIES

1:申請書作成のワンポイントテクニック