融資申請サポート

決算数値・担保余力の審査に加え、事業の成長性にも重きを置き評価する方向にきています。いわゆる事業性評価です。

これは、銀行員が主導でみなさんからヒアリングを行い、
必要な情報を求め目利き力を養い実施するものです。

ただし、銀行員は決算書は読めても、企業の技術力やみなさんの会社の強み、
ビジネスプランの的確性、実行力を評価し事業の成長性を判断することは、
容易ではありません。

ですから、みなさんのほうから、これらを反映した事業計画書を作成し、
銀行員に説明し理解していただくことが、事業性評価融資を獲得するために
重要なことなのです。

それから、日本政策金融公庫などの公的融資は、
以前より事業の成長性を重視していました。

低利率の「新事業活動促進資金」や「経営力強化資金」などは、
経営革新計画の認定を得ることで狙いやすくなります。

製造業資金調達センターでは、以下の支援をさせていただきます。

融資申請については、まずは、顧問税理士の先生にご相談されるのではないでしょうか?
税理士の先生は、概して、税務会計、つまり過去の数字はしっかりと捉えていますが、
事業者様の事業特性を踏まえた将来計画
(事業性評価融資に叶う計画や補助金申請の事業計画書)
の策定については概して得意とされていません。

したがって、税理士の先生からわたしのところに融資や補助金の申請について、サポートを頼まれることも結構あります。
つまり、競争でなく協業していると言えます。

当センター代表の坂本は中小企業診断士です。

中小企業診断士とは、
「日本で唯一の経営コンサルタント有資格者」と言われています。

また、製造業の経理・経営企画の責任者として長年従事してきました。

つまり、中小企業経営者と経営面や資金繰り面で
悩みを共有できることが最大の特長です。

事業性評価融資、資金繰り安定化のことなら当センターにお任せください。

ご契約までの流れ

STEP1 お気軽に、お電話・メールにてご連絡ください。
お急ぎの方は、お電話にてご連絡いただければと思います。
メールの場合には、原則24時間以内にご返信いたします。
STEP2 当センターの中小企業診断士が、ご都合の良い日時で、
みなさんの事務所までご訪問いたします。
お会いして、現状の悩みをお聞かせください。
無料でご相談に乗らせていただきます。
融資金額、決算状況、ご依頼内容を踏まえ、
当センターから「お見積書」を作成させていただきます。
ここまでは、一切に費用は発生しません。
STEP4 料金・諸条件等問題ないようでしたら、直近の決算書、担保物件、
既抵当権設定状況を確認させていただいたうえでご契約を締結させていただきます。
契約書などへの押印・サインなどを行っていただきます。
資金調達サービスがスタートします。
資金調達方法に関することや事業方針・事業計画策定に関することは、
どのようなことでもご相談いただくことが可能です。

STEP1  ご依頼内容の確認

ご依頼内容の詳細を確認させていただきます。

STEP2  財務内容の確認

ご契約時に5期分の財務諸表(貸借対照表、損益計算書、販売費及び一般管理費明書、
製造原価報告書、個別注記表、勘定明細書)のコピーをいただき、
事前に目を通したうえで、財務内容を確認させていただきます。

STEP3  事業改善構想の確認、弊所からの提案

ご依頼者様の設備投資、事業改善に対する構想を確認させていただきます。
SWOT分析(事業環境、自社の強み)、顧客、競合の動向を踏まえたうえで、
助言をさせていただきます。

STEP4  行動計画の策定

事業改善構想を実現させる行動計画(アクションプラン)を5W1Hに従い、共作します。
・・・実行するのはご依頼者様ですのでご依頼者様の腑に落ちた行動計画を作り上げます

STEP5  数値計画の策定

行動計画(アクションプラン)と連動させた数値計画(売上/利益計画、資金計画)を作成します。

STEP6  金融機関への提出

STEP4の行動計画、STEP5の数値計画を『事業計画書』として金融機関に提出します。

 

 


注1)STEP1~STEP5は、順番通り進めるものではありません。
むしろ循環作業で遂行していきます。

注2)ご依頼者様の希望納期と作業ボリュームで納期を決めさせていきます。
従って、特急料金を頂戴させていただく場合がございますのでご了承ください。

注3)より融資獲得確度を向上させる、低利融資を狙うのに、
「経営革新計画」
の承認を得ることが得策のケースがございます。

この場合:着手金:100,000(消費税、交通費別)+成功報酬: 150,000
必要となりますが、融資申請における着手金は半額とさせていただきます。

当センターを選ばれた理由

株式会社真心会 島田社長様

■当センターを選んだ理由
坂本さんとはあるマッチングイベントで知り合い、
意気投合することで経営顧問をお願いしました。
今回、融資申請のための支援をお願いしました。

■選んでよかったところ
新規業態への参入に際し1000万円を超える資金調達が必要となり、
そのための事業計画を作成していただきました。おかげさまで満額融資が下りました。
わたしのポンチ絵が1つの生き物に成長しました。
これを基準書にして事業を拡大して行きます。ありがとうございました。

機械部品加工業 D社

※お客様のご意向により、会社名、顔写真の公開は伏せさせていただいております。
■当センターを選んだ理由
金融機関の融資担当者から、本店、信用保証協会を説得できる「事業画書が作れる人」、
ということで坂本さんを紹介していただきました。

■選んでよかったところ
おかげさまで、「経営安定化保証」を使い、3千万円の融資
(借換え分2千万円、追加融資1千万円)満額を調達することができました。
親身にお話しを聞いてご対応いただきました。ありがとうございました。

スポーツジムの起業家 E様

※お客様のご意向により、会社名、顔写真の公開は伏せさせていただいております。
■当センターを選んだ理由
わたしは、中小企業の資金繰り改善センターのホームページを見て、
“何かやってくれそう”と思いお願いしました。

■選んでよかったところ
当所、日本政策金融公庫の「新創業融資」に申し込みましたが、公庫職員様より、
より低利で使い勝手の良い「経営力強化資金」を薦められました。
これも申請書作成・面接リハーサルにおいて熱心な指導をいただいたからのことです。
ありがとうございました。

料金表

①融資申請に伴う事業計画の策定

着手金:50,000円~+成功報酬2~5%

成功報酬につきましては、融資金額やみなさんの会社の財務状況などにより、
お見積りさせていただきます。

注1)当該料金には消費税は含まれておりません。別途請求させていただきます
注2)当該料金には交通費は含まれておりません。別途請求させていただきます

1年契約での、1の顧問契約者のご支援については、
着手金、成功報酬額ともに「半額」とさせていただきます

②金融機関への交渉同行

料金は①に含まれます

③経営力強化資金の3年間経過観察サポート

項目 料金
月に1度の確認と経営相談 10,000円/月(年間120,000円)
事業計画進捗報告作成 30,000円
1年間の合計 150,000円

注1)当該料金には消費税は含まれておりません。別途請求させていただきます。
注2)当該料金には交通費は含まれておりません。別途請求させていただきます。

④経営革新計画の策定支援

着手金:100,000円+成功報酬:150,000

注1)当該料金には消費税は含まれておりません。別途請求させていただきます。
注2)当該料金には交通費は含まれておりません。別途請求させていただきます。

1年契約での、1の顧問契約者のご支援については、
着手金、成功報酬額ともに「半額」とさせていただきます。