料金表

1.ワンストップ補助金申請コース

特に申請が多い、「ものづくり補助金」と東京都の「革新的事業展開設備投資支援事業」の料金表は以下の通りです。
その他の補助金につきましては、ご相談の上、料金を決定させていただきます。

大半のサポーターが、申請書の作成迄を請け負う中、当事務所では、更に、「認定支援機関確認書」の発行 ~ 完了報告書の作成までをワンストップでサポートさせていただきます。

以下の料金は、当該ワンストップサービスにかかるものであり、概して、コストパフォーマンスは「高い」と自負しております。

交付決定額
(補助金がもらえる額)
着手金 採択による成功報酬
もの補助 革新的
500万円以下 10万円 15万円 交付決定額の10%
500万円超600万円以下
600万円超700万円以下
700万円超800万円以下
800万円超900万円以下
900万円超1000万円以下
1000万円超1200万円以下 16万円 交付決定額が大きくなるにつれ減率
交付決定額の10%~9.6%
1200万円超1400万円以下 17万円 同上方式で 9.6%~9.2%
1400万円超1600万円以下 18万円 同上方式で 9.2%~8.8%
1600万円超1800万円以下 19万円 同上方式で 8.8%~8.4%
1800万円超2000万円以下 20万円 同上方式で 8.4%~8.0%

交付決定額が2000万円を超える案件につきましては、内容を確認させていただき個別にお見積りさせていただきます。

注1)当該料金には消費税は含まれておりません。別途請求させていただきます。
注2)当該料金には交通費は含まれておりません。別途請求させていただきます。

期間限定キャンペーン実施中!(4月末まで)

「革新的事業展開設備投資支援事業」の着手金を30引きに!

 

2.各種計画策定コース

①補助金を活用した早期経営改善計画の策定

一種の経営改善計画ではありますが、リスケ等の金融支援を伴う計画に限定されません。純粋に経営を改善させるために作る計画です。

詳しくは コチラ をご参照ください。

料金は計画策定と1年間のモニタリング(PDCA)で30万円(税込)ですが、補助金を活用することで、みなさんのご負担は10万円で足りることになります。

☑ここのところ、資金繰りが不安定だ
☑よくわからないが売上げが減少して いる
☑自社の状況を客観的に把握したい
☑専門家等から経営に関するアドバイ スが欲しい
☑経営改善の進捗についてフォロー アップをお願いしたい

といった方に最適です。

②特例承継計画の策定

特例承継計画を平成35年3月31日までに作成し承認され、平成39年12月31までに事業承継(後継者が代表者就任&筆頭株主)を行うことで、株式承継に係る贈与税・相続税が全額猶予となります。

詳しくは コチラ をご参照ください。

特例承継計画は、経営革新等支援機関の指導及び助言を受け策定することが要件とされています。当事務所は「経営革新等支援機」ですのでご安心ください。

料金は10万円(消費税、交通費別)となります。

③先端設備等導入計画の策定

先端設備等導入計画を作成・承認を受けることで

☑固定資産税の減免・・・3年間ゼロ~1/2
☑ものづくり補助金等の有利採択
☑ものづくり補助金の補助率アップ 1/2➤2/3

の恩典が受けられます。

先端設備等導入計画に際しては、事業性について経営革新等支援機関が確認することが要件とされています。
当事務所は「経営革新等支援機関」です。ご安心ください。

詳しくは コチラ ご参照ください。

料金は着手金0、成功報酬10万円(消費税、交通費別)となります。
完全成功報酬制です。

3.業務革新活動顧問契約コース

料金の目安は以下の通りです。ご依頼内容の詳細をうかがって、お見積りさせていただきます。
時間は御社の作業時間であり、料金には当事務所内での作業遂行分も含まれています。

料金
月1回(2~3時間)コース 5万円
月2回(2~3時間/回)コース 9万円
週1回(2~3時間/回)コース 16万円

注1)当該料金には消費税は含まれておりません。別途請求させていただきます。
注2)当該料金には交通費は含まれておりません。別途請求させていただきます。

このために幹部社員を雇う・育成するよりも安上がり即効的です。