もの補助 個別相談

 ど、多くの社長様が、ものづくり補助金を獲得したいと思っていても、いろいろなハードルが待ち受けているのです。

中でも、2~3年前に通用した事業テーマでも、今では一ひねりさせないと「革新的な事業テーマ」とは評価されません。

また、募集要項の要求事項を外したら、まず、採択は厳しくなってきています。

しかも、審査員も人間です。こちらで「上手に書けた」と思っても、要所が伝わっていないケースがあります。

こで、本個別相談では、上記のような問題を解決し、御社にあった補助金申請のプランニングをしてまいります。

 

 5つのポイントを押さえることで、
格段に申請作業がスムーズに進みます

代表者プロフィール

融資・補助金申請、経営改善の知恵出しを得意とする
中小企業診断士 坂本経営事務所代表 坂本庸芳

東京西部生まれ、東京西部在住
事業成長の要所を押さえた事業計画を策定し、融資、設備投資補助金獲得などの資金調達をサポート。
成功率7割をキープ。

金融機関に対する状況報告やPDCAの牽引を通じ、
良好な関係性を構築、 次なる融資を引き出す交渉サポートなども遂行。
大学卒業後、半導体メーカーに入社。主に、会社決算・原価管理業務、 トップの参謀役として経営改革の牽引に携わる。
不況時には、事業売却や存続事業の生き残りプランなどハードな再建計画を策定し、 親会社や金融機関との調整を行う。
その後、中小企業診断士の資格を取得し独立を果たす。
主に融資・補助金申請のための事業計画策定の支援に従事。

しかし、資金調達を行うも事業が衰退し、調達した資金の返済に 苦慮しているクライアントを目のあたりにする。
そこで、中小企業経営者のために、本気で役に立つ仕事ができていないことに痛感。
これを契機に、資金繰り⇔経営革新の両面から頑強な企業風土を作るための協働作業に注力している。

個別相談で行うこと