補助金・助成金活用ノウハウ集

 
採択される申請書を作るのは、みなさんの経営革新・生産革新への思いの強さが何よりも重要です。
当事務所のノウハウ集は、これらについて“より具体的”に記述しております。

また、きちんと代表の坂本の言葉で伝えることにより、みなさんの思考力を増幅させ、
当事務所でこれを余すことなく申請書に書き込むことで採択に繋げます。

超スッキリ!資金調達のイロハ

公的融資、プロパー融資➢動き出している事業性評価

  目次 1 ▮先ずは、事業性評価について復習しましょう 2 ▮金融機関(信用金庫)の実態 3 ▮金融機関(信用金庫)の対応策 ▮先ずは、事業性評価について復習しましょう 金融庁は金融機関に対して以下のお触れを発しています。 企業の経営改善や事業再生を促進する観点から、金融機関が保証や担保等に『必...

超スッキリ!資金調達のイロハ

『事業性評価検定』から学ぶ事業性評価

平成29年5月26日に、きんざい社の事業性評価検定を、6月4日に銀行業務検定協会の事業性評価3級を受験してみました。(ちなみに、2級と1級の検定試験は未だありません) いづれも今年から始まった検定試験です。今回は、『検定試験から垣間見えたこと』についてお話しさせていただきます。 まずは、事業性評価について復...

超スッキリ!資金調達のイロハ

金融機関の方からお話を聞きました

企業の経営改善や事業再生を促進する観点から、金融機関が保証や担保等に『必要以上に依存することなく』、企業の財務面だけでなく、企業の持続可能性を含む『事業性を重視』した融資や、関係者の連携による融資先の経営改善・生産性向上・体質強化支援等の取組が十分なされるよう、また、保証や担保を付した融資についても融資先の...

超スッキリ!資金調達のイロハ

事業性評価融資―真の主役は誰

①財務状態が優良な「成長」・「成熟」課程の企業には「借りてください」と言わんばかりにどこもかしこも貸したがり、低利率競争に陥っている。 ②業績や信用力に乏しい、担保も十分でない企業に対しては、信用保証協会保証付き融資に依存する。 責任共有制度に移行しても、銀行としては20%の貸出リスクを負えばよいので、信用...

超スッキリ!資金調達のイロハ

事業性評価融資にPDCAが重要な訳とは?

決して、そんなことはありません。銀行は貸して利ザヤを稼ぐ業ですから貸せるところには貸したいのです。 それでは、事業性評価融資を一寸ためらっている銀行から融資を引き出すにはどうすれば良いでしょうか これは、わたしが支援した一例です。この会社は、幸いにも、2016年3月の決算から3ケ月が経過し、ほんのわずかなが...

超スッキリ!資金調達のイロハ

運転資金・設備資金など事業資金獲得 ー 事業活動の取組みを金融機関に示そう

担保や個人保証に頼らない 成長資金の供給促進、金融機能の強化、なんてことが手引きに書かれています。 ここでは「担保や個人保証に頼らない成長資金の供給」だけに注目しましょう。 担保・個人保証、加えて決算書の数字、 これらを中心に金融機関は融資をするかどうか判断します。 金融機関からすれば当然かもしれませんが、...

超スッキリ!資金調達のイロハ

運転資金・設備資金など事業資金を融資枠以上に引き出す10の法則とは?

「運転資金・設備資金など事業資金を融資枠以上に引き出す10の法則とは?」についてお話しをさせていただきます。 それでは、順を追ってお話しさせていただきます。 まずは、みなさんに確認です。 「預貸率」ってご存知でしょうか? 金融機関が企業などに貸し出している額を金融機関が持っている 預金残高で割ったパーセンテ...

超スッキリ!資金調達のイロハ

運転資金・設備資金など事業資金獲得のための効果的業績説明とは?

「債務償還年数」を意識しましょう。 これは、今の利益水準だと「何年何か月」で債務が全額返済できるか、 を見る指標です。 金融機関では、この債務償還年数が10年以内なら、 融資の返済が可能な会社、という見方をします。 この債務償還年数は、以下の通り、「債務」÷「キャッシュフロー」で求めます。 『債務』: 有利...