明快な事業シナリオの作り方とは

みなさん、こんにちは。
坂本経営事務所の坂本です。

今日は、“明快な事業シナリオの作り方”についてお話いたします。

言っていることはわかるけども、そんなに重要なことなの!
と思われているのではないでしょうか

勿体ぶった言い方で申し訳ございません。

明快な事業シナリオを作るとは、

「矛盾」が感じられない首尾一貫した申請書を作る

ことなんです。

実は、これ申請書作りの中でもかなり重要なところです。

実際に申請書を作られるみなさんは、気持ちよく書けた感じなのに
審査員には、良くわからない、そもそも、こことここが矛盾する、

と思われてしまうような申請書って結構あるんですよ!

こうなると、審査員は、この矛盾を肯定化する屁理屈を考え
不採択にしてしまう方向で採点してしまいがちです。

競争力強化につながるビジネスプランであればあるほど
勿体ない話です。

では、これを防ぐためにはどうすればよいでしょうか!

①社員さん、あるいは第三者の方に見てもらい指摘していただく
・・・場合によっては「大手術」なんてことにもなりかねませんので
計画的に進めることが重要です。

②はじめに、「見出し」とキーワード・キーセンテンスを設計しておく
・・・着手が遅くなるとこれを行う時間が取れませんね!
公募前から動き出しましょう!

③「課題解決策」と「効果」~「売上高・利益計画」の整合性を取る。
・・・ここを外してしまうと、審査員は、矛盾を容易に肯定化できてしまいます
気を付けましょう

如何でしたでしょうか

いろいろと申し上げましたが、「矛盾」が生じるとは、
それなりに書き込めている裏返しでもあります。

内容が乏しい申請書と比べれば、一歩先を行っているのです。

これを意識して申請書作りに励んでください

ご意見、お待ちしております。
是非、こちらよりご打診くださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です