何を書けば点数が入るかを知る方法とは

みなさん、こんにちは。
坂本経営事務所の坂本です。

今日は、“何を書けば点数が入るかを知る方法”についてお話いたします。

何を書かなければいけないのか! そりゃ公募要領に記載の事項だろう!

それより知りたいのは “”どのように書けば良いのか“”
そこが知りたいんだよ

ハイ! その通りです。
“”どのように書けば良いのか“”は、次回以降に配信させていただきます。

今回のメルマガ配信の意図は、残念ながら突破できなかった方々の書いた
申請書を見ると、あまりに公募要領に記載の事項が書かれていない方が多い、
ことに着目し筆を執った次第です。

驚くべきは、士業の専門家に頼んだのに・・・と言われた方が
相当数いたことです。

①「ものづくり補助金」の公募要領では、

「その1」事業革新における課題解決
「その2」事業化(その1の成果刈取り)に向けての展開策

に分けて、このことについて書きなさい、と言っています。

そして、これは、一寸わかりづらい表現になっています。

また、申請書の様式は「その1」「その2」という題目が書かれているだけで
公募要領の中身に沿った小題が申請書に記載されていません。

そうなってくると、人間の心理として自分がわかりづらい
わかっても書くネタが見当たらない

こういったことで、公募要領を読んでいるときは要求事項が理解できているのですが、
実際に書く段階で弾いてしまう。

だから、点数が入らない、ということになってしまうのです。
②「革新的事業展開設備投資支援事業」については、

ここにこれを書きなさい、と申請書に書かれてはいますが、
具体的にどんなことを要求されているのか、
迷うところが多々あります。

では、本題の“何を書けば点数が入るかを知る方法”とは!

ズバリ、当事務所発行のPDF版マニュアル(無料)をご参照ください。

ここに、その解があります。

まずは、こちら よりお入りくださ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です