融資とPDCA手法実践との関係性

みなさんこんにちは。

今回は融資とPDCA手法実践との関係性。
融資の獲得にとってPDCAの実践が今後ますます重要になってくることを
順を追って説明いたします。

理屈よりも実践ノウハウを知りたい!!
と思っておられる方々が大半と思われますが、
必要性を府に落としていただかないと実戦ノウハウが活きませんので、
あえて今回はこれについて述べさせていただきます。

 

その1 責任共有制度がどう変わるか

中小製造業者様では、金融機関から融資を受けるにしても
信用保証協会保証付き融資という形で融資が行われているのが大半です。

そしてこの信用保証、これは、もしも借り手が返済できなくなってしまったら
信用保証協会が金融機関に代位弁済すること(約束事)です。
これによって、金融機関が事業者に貸しやすくする制度です。

でも、これはあまりに金融機関にとって虫が良すぎるということで、
保証協会の責任(負担)を80%とし、金融機関も20%の責任を負う
「責任共有制度」というものが2007年10月に発足しました。

それまでは、保証協会の責任が100%でしたので、
金融機関が20%の責任を負うことになったとたん「貸し渋り」がおきました。

でも、今はこれも落ち着き、逆に信用保証協会の審査が通るように
金融機関が借り手企業を応援している状況です。

言葉がそぐわないかも知れませんが「悪乗り」とも言えそうです。

保証協会の責任は、対象外である、創業・再生・災害・
セーフティーネットを除いて、一律80%となっています。

これについて政府としては、創業➢成長➢成熟といった
企業のステージに応じ割合を変えようと検討しているのです。

ひょっとしたら、成熟企業の場合50%:50%といった具合になるかもしれません。
再度、貸し渋りが起きるかもしれません。

その2 金融機関の預貸率

金融機関の中でも、中小企業の身近な存在である「信用金庫」
「信用組合」が預金者からお金を集めた中から貸付に回している割合は
何と50%ぐらいです。

ですから、一概に、金融機関として責任共有割合が増えたからといって
「貸し渋り」を行っていたら「信用金庫」「信用組合」の事業が成り立ちません
。従って、目利き力を養い、真に貸し出しても良い企業を吟味するようになります。

その3 事業性評価

その2に似たような話ですが、金融庁は地域金融機関に対し、
必要以上に決算書や担保余力に依然せずに事業の成長可能性を適正に
評価する事業性評価を求めています。

信用金庫の職員さんと話しをしたところ、””そうはいっても信用力の判断に
ついては決算書や会社&経営者個人の担保余力に勝るものはない”
” ””でもそんなことばっかり言っていたら本行はつぶれてしまう””
””つまり自分たちで借り手が返済原資に困らないよう経営をサポートしていくしかない””
とのことでした。

そうです、金融庁は金融機関にコンサルタントとしての力量を発揮してもらいたい
と考えているのです

その4 纏め

事業の成長可能性を適正に評価するのは事業ビジョンや適正な事業計画だけではありません。
計画を成し遂げられるだけの経営能力が備わっているか、ここが大きな評価ポイントです。

つまり、PDCAが確実に回転し経営革新が図られているか、
ここに金融機関は一番注目しているのです。
前述の「金融庁は金融機関にコンサルタントとしての力量を発揮してもらいたい」、
これだって各企業のPDCAが回っていなかったら金融機関としてもコンサルティング
なんてできません。

そうです、金融機関と円滑な関係性を維持するためにもPDCAの実践は重要なことなのです。

その5 そもそもPDCAとは何?

みなさんが常日頃行っていることですよ。

何か最近売上が伸びていない、減っているな(C=チェック)
➢もっとお客様を訪問してみよう(A=是正措置)
➢今月は5社訪問仕様(P=計画)➢実行3社(D=行動)
➢5社に対し3件と未達成だったが量以上の成果が得られた(A=是正措置)

これを組織的に行うのが一般的に言うPDCAです。従って、
統制と調整が必要になり頑張ることでシナジー効果が得られるものです。
規律のモチベーションも高まります。

その6 PDCAの罠とは

ズバリ、続かない、形骸化です。私も何度もこの経験をしました。
そして乗り越えてきました。

続かない、形骸化の大きな理由は社長様がそれを許してしまうからです。
そして牽引していく適材者が備わっていないからです。

「PDCAの全体会議で総括をして、これについて業績説明と併せて金融機関に説明する。」
こんな仕組みを作ったら続くかも知れません。
これも重要なことですが、金融機関のために!と思ってしまったら楽しくないかも知れませんね。

まずは会社のために、従業員各位に於かれましては
”自分の仕事を楽にするためにPDCAを実践する”と前向きに考えてみましょう

如何でしたでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です